2013年09月29日

斉藤和巳という一時代の終焉

斉藤和巳の引退式に涙が止まらないホークスファンの猫です。

あの時代、確実に投手陣を引っ張っていたのは斉藤和巳だったし、打撃陣を引っ張っていたのは小久保だった。そのふたりの姿にウルウルときました。

9月28日vs西武ライオンズ戦の感想


0112.jpg
オセゲラと岡本の先発でスタートした試合。7-6でサヨナラ勝利!

オセゲラ(14)は、5回1/3、107球、4被安打、5与四球、5失点(5自責点)。

コントロールの良さが持ち味のピッチャーであるオセゲラが、初回から3個の四球。満塁になったところで、真ん中に入ってきたボールを中村に打たれ、2失点。初回の2点と2回の1点はヘルマンの足にかき乱された。四球を与えての初球に盗塁されて得点圏の形を作られている。

さらに続いた柳瀬(54)、森福(19)が追加点を許し、8回表の時点で6-3のお通夜ムード。

しかし、ホークスの反撃は8回裏から。(ちなみに僕の座右の銘は、「人生9回裏の名誉挽回」です。笑)

山崎(29)が2アウトから四球を選んで、この試合無安打だった中村(60)が2点タイムリー。さらに1点差の9回に長谷川(24)、内川(1)とクリーンナップがチャンスメイク。松田がいつものように三振したけれど、この日は柳田(44)が仕事をした。

五十嵐(53)が2イニングを完璧に抑えた迎えた10回の裏、試合は2アウトから動くという格言の通りに、2アウトから今宮(2)が出塁し、200本安打間近の長谷川がライトへの安打で試合を決めた。

斉藤和巳の引退式に勝利という名の花を添えることができた。

9月29日vs楽天イーグルス戦


予告先発は東浜(16)vs辛島。東浜にはクライマックスシリーズ、そして来季に繋がるピッチングを期待!

ホークスファンの猫(ΦωΦ)でした。

ランキング参加中です、1日1回クリックしてもらえると喜びます(ΦωΦ)⇒⇒⇒
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村


当ブログでは相互リンクを募集しています。詳しくはこちらを。


posted by 意識の高いホークスファンの猫 at 08:41| Comment(0) | 試合後感想戦2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。