2013年06月16日

松中のことと大隣のこと

ホークスファンの猫です。

ジャイアンツの菅野はいいピッチャーでしたね。初回に大量援護を与えてしまうと、手も足も出なかったですね・・・。

6月15日vsジャイアンツ戦の感想


0046.jpg
パディーヤ(42)と菅野の投げ合いでスタートした試合。1-6で完敗。ホークスは1点返すだけが精一杯。

昨日は所用があり、試合観戦は4回から。すでにその時点で4-0と対局は決していましたね。菅野に初回で4点もあげてしまうと、気分よく大胆に投げさせてしまいますよね。

パディーヤはランナーを出してしまうとよくないですよね。昨日はスリーボールから微妙なボールを何度もストライクのコールをしてもらいましたが、それがなかったら、いくつ四球を出していたんだろうかという内容。あと1試合で交流戦も終わるんですが、先発の駒がまったく足りないのが解決されていないですね・・・。

打線は、内川(1)は3打数2安打と通常運転でしたが、松田(5)、長谷川(24)と抑えこまれてしまいましたね。というか、全体的に抑えられていて、意地で9回に1点返しただけで、菅野に初完投をプレゼント。ホークスは初物プレゼントが好きというかなんというか・・・。

ホークスニュース


すでに謝罪(@ブログ)を済ませているとのことですが、松中(3)の優勝セレモニーボイコット問題。

小久保がいない今、松中こそがチームを引っ張っていく立場にあると思っているんですが、その松中が王会長がいたセレモニーをボイコットとは・・・。起用に不満があるのもわかるけれど、ホークスはもう過去の栄光だけでスタメンを張れるチームではなくなっているわけでして。選手会長の本多ですら、今は半スタメンみたいな感じなのに、ライバルの多いDH(or外野)でスタメン安泰のわけがないですよね。今のホークスで今季成績が落ちてもスタメンで使うであろう選手は、クリーンナップの内川、松田、長谷川くらいでしょう。

晩節を汚して終わるのは、平成唯一の三冠王と情けなくなってくるので、最後に一花咲かせるのをファンとしては期待しているんですけどね。まずは2軍で秋山監督が1軍に上げざるを得ないくらいの結果を残してもらいたいですね。

大隣の手術で今季絶望。

誰もが認めるポテンシャルを持ちながらクオリティを発揮できない数年間が続き、雌伏のときを経て、昨年ようやく活躍をみせ、WBC日本代表に選ばれたのに、今季絶望とは・・・。国が指定する難病の「黄色靱帯骨化症」らしく、ジャイアンツの越智選手もこの手術をしてリバビリ中だとか。ファンとして、復帰を望みます。

6月16日vsジャイアンツ戦


予告先発は山田(34)vs内海のサウスポー対決。連敗だけは避けたいところですね。山田には今回こそ頑張ってもらいましょう。

ホークスファンの猫(ΦωΦ)でした。

ランキング参加中です、1日1回クリックしてもらえると喜びます(ΦωΦ)⇒⇒⇒
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村


当ブログでは相互リンクを募集しています。詳しくはこちらを。


posted by 意識の高いホークスファンの猫 at 08:22| Comment(0) | 試合後感想戦2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。