2013年09月01日

攝津様様

夏休みの宿題は、先行タイプでも追い込みタイプでもなく分散タイプだったホークスファンの猫です。

分散タイプと言っても、毎日コツコツという意味ではなく、友達数人で担当教科を決めて手分けしてやっていました。ちなみにぼくは数学担当で、友達の成績によって間違える箇所を変えていた知能犯でした(笑)。

あー、懐かしい。

8月31日vs楽天イーグルス戦の感想


0092.jpg
攝津と辛島の先発でスタートした試合。9-2で勝利、連敗阻止!

攝津(50)は、7回、110球、5被安打、1被本塁打、1与四球、2失点(2自責点)。本人は最低限の仕事と謙遜しているが、ファンとしては1週間に1度だけの休息日。安心して野球を観ていられる。

立ち上がりにいきなりホームランを打たれ、マギーの当たりでさらに追加点か、という場面で中継プレイが綺麗に決まりクロスプレイでアウトにできたのは大きかった。味方が大量得点を奪ってくれた直後の7回に失点してしまうのはよくないが、それでも最少失点の1点で抑えるあたりはさすが。

今季14勝目と先発転向後の3年連続で14勝以上とは、球界を代表するエースの証。先発転向した2011年は杉内、和田、ホールトンに続く4番手だったとは、驚きの先発陣だったんだなあといまさら感慨深い。

攻撃では、まずは3回。細川(27)が攝津愛を発揮してツーベースで同点に。

そして4回には2アウトから長谷川(24)の四球、松田(5)のスリーベースで逆転!松田が3塁まで走ったのはあきらかに暴走、そしてリプレイではどうもアウトっぽい(笑)けれど、2アウトということを考慮すれば、OKなプレイでしょう。

そして、攝津が0行進を続けてくれたおかげで、球数が多くなった辛島を捉えることができた打者一巡の6回。内川(1)の四球からはじまり、今宮(2)のスリーベースまで。今宮は右方向に打ってフェンス直撃とは、さすが。今季は最終的には.270くらいの打率を残してくれたら、うれしいことこの上ない。

8回森福、9回ファルケンボーグと昨年の勝利の方程式で、3人ずつでリリーフして勝利!

同点に追いついてからは、全体的に安心して観れた試合だった。

9月1日vs楽天イーグルス戦


予告先発はオセゲラ(14)vsダックワース。苦手ダックワースを打てるのか、初先発のオセゲラはどうなのか、いろいろと気になる試合。勝てば、上位チームとの6連戦を最低限の3勝3敗、負ければ2勝4敗と大きく変わってくる試合。必勝!

ホークスファンの猫(ΦωΦ)でした。

ランキング参加中です、1日1回クリックしてもらえると喜びます(ΦωΦ)⇒⇒⇒
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村


当ブログでは相互リンクを募集しています。詳しくはこちらを。


posted by 意識の高いホークスファンの猫 at 06:50| Comment(0) | 試合後感想戦2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。