2013年09月06日

泥舟の投手陣でチャンスの藁を掴むのは?

久しぶりにジャンプコミックスを買ったホークスファンの猫です。

ハンターハンター以来ジャンプコミックスを買っていない(ジャンプは毎週読んでいます)んですが、センターカラーになっていたワールドトリガーを読んだらハマって単行本をゲットしました。

6日に2巻が福岡で発売になるので、さっそく買ってこようと思います。

9月5日vs日本ハムファイターズ戦の感想


0097.jpg
金とウルフの先発でスタートした試合。5-11の逆転負け。今日も先発が踏ん張れず。

金(61)は、1回2/3、66球、3被安打、1被本塁打、4与四球、6失点(6自責点)。先制点をもらいながらも、外角に逃げて逃げての安打に四球に本塁打というフルコース。プロ5年目での初先発のチャンスを掴めない。こういうときにチャンスを掴まないで、いつ掴むのか。

それはリリーフとして出てきて失点を許した、山中(39)や星野(56)にも言えること。山中は無失点で抑えている回もほとんど得点圏に走者を許している印象がある。

溺れる者は藁をも掴むという諺があるけれど、溺れる先発陣の中からチャンスを掴むのは誰かと待っていたが、今のところまったく見当たらない模様。

先は長い、深い、言葉にならない、くらい。

2回には、長谷川(24)の四球からはじまって下位打線を通過して中村(60)までで4得点。本多(46)も細川(27)も1球で決めての得点。この4点で勝利がかなり近づいたとぼくもあのときは思っていました。

それにしても、下位との対戦で負け越しは痛い。

9月6日vsオリックス・バファローズ戦


予告先発は攝津(50)vs西。苦手の西相手に中5日のスクランブル態勢での攝津。どうなることか?

ホークスファンの猫(ΦωΦ)でした。

ランキング参加中です、1日1回クリックしてもらえると喜びます(ΦωΦ)⇒⇒⇒
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村


当ブログでは相互リンクを募集しています。詳しくはこちらを。


posted by 意識の高いホークスファンの猫 at 07:26| Comment(0) | 試合後感想戦2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

361分の激闘

深夜特急を読み返しているホークスファンの猫です。

深夜特急を読むと旅に出たくなりますね、やっぱり。

9月4日vs日本ハムファイターズ戦の感想


0096.jpg
武田と武田勝の左右の武田の先発でスタートした試合。9-7で勝利。監督はじめ、選手のみなさん、現地観戦したファンのみなさん、まずは「お疲れ様でした」と言いたい。

武田(30)は、3回0/3、79球、4被安打、4与四球、3失点(3自責点)。ほぼ毎度のように得点圏に走者をおいて、なんとか粘っていたが、4回に捕まり1失点して交代。その後登板した嘉弥真(57)が打たれて、武田の3自責点。

今年の武田は制球難すぎる。ストレートが決まらないから変化球に頼らざるを得ない。確かにダルビッシュは変化球投手だけれど、充分過ぎるほどのストレートがあってこその変化球。これでは九州のダルビッシュとすら呼ばれない内容。

4回のたった3コのアウトを取るために、武田から嘉弥真、金沢(51)、そして江尻(00)まで登板し、6失点してしまう事態。そう、このときは追いつくなんて思ってもいなかった。終戦のニオイがぷんぷんだった。

実際に6回の打者一巡の攻撃で同点になったときも、今年のホークスのお家芸、1点差負け or 勝ち越さない程度の反撃が発動したのかと思った。

その後は試合は膠着状態。その中でもロングリリーフした山中(39)、ピンチで火消しした森福(19)を讃美したい。

そして、誰もが引き分けを強く意識した12回に中村(60)の3ランが試合を決めてくれた。規定打席にも到達して打率10傑にもランクイン。

2戦連続でブルペンをフル活動しての試合。特に昨日(今日?)のような試合を観ると、延長3時間半ルールが復活してもいいんじゃないかと思う。

9月5日vs日本ハムファイターズ戦


予告先発は金(61)vsウルフ。多くは望まないので、どうか5回まで投げてほしいぃぃぃiiiii。

ホークスファンの猫(ΦωΦ)でした。

ランキング参加中です、1日1回クリックしてもらえると喜びます(ΦωΦ)⇒⇒⇒
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村


当ブログでは相互リンクを募集しています。詳しくはこちらを。
ラベル:武田 山中 森福 中村
posted by 意識の高いホークスファンの猫 at 07:20| Comment(0) | 試合後感想戦2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

松田で溜息

土日のサンセットライブの開催があるのか心配のホークスファンの猫です。

台風情報を見る感じでは、逸れていっているので、大丈夫っぽいですけど、週間天気予報では雨マークなので、カッパが必要かもですね(;´∀`)

9月3日vs日本ハムファイターズ戦の感想


0095.jpg
バリオスと木佐貫の先発でスタートした試合。2-3で逆転負け。痛い1敗。

バリオス(7)は、3回2/3、90球、6被安打、3与四球、3失点(3自責点)。日ハムとは2度目の対戦ということで、研究されたのか、1度目の対戦がたまたまだったのか。とにかく昨日は球数が多く(審判との相性か?)、苦しんでいた。

確かにこれといった武器がないのも問題だけれど、もっと大きな問題はそんなバリオスを先発させなきゃいけないチーム事情で。

得点は2回の長谷川(24)のホームランのみ。

4回、6回と得点圏の場面で松田(5)に打席が回るも、「大将、いつものッ!」とばかりにクルクル回る。いいときと悪いときのムラが激しすぎで、昨日は守備まで悪かった。

今シーズンは何度接戦を落とせば気が済むのだろうか。ファンの溜息は止まらない。

9月4日vs日本ハムファイターズ戦


予告先発は武田(30)vs武田。武田翔太は最低限の試合を作ってくれるので、あとは打線が打ってくれるかどうか。今年の武田勝はそこまで調子がよくなさそうなので、ワンチャンス!

ホークスファンの猫(ΦωΦ)でした。

ランキング参加中です、1日1回クリックしてもらえると喜びます(ΦωΦ)⇒⇒⇒
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村


当ブログでは相互リンクを募集しています。詳しくはこちらを。
posted by 意識の高いホークスファンの猫 at 06:13| Comment(0) | 試合後感想戦2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

ゲラゲラ(get out,get out)

ジブリの宮崎駿の引退がショックなホークスファンの猫です。

それはそうと、ホークスにも宮崎駿がいるの知っていますか?ドラフト指名されたとき、話題になりましたよね。

9月1日vs楽天イーグルス戦の感想


0093.jpg
オセゲラとダックワースの先発でスタートした試合。4-0で勝利、完封リレー!

オセゲラ(14)は、5回0/3、4被安打、2与四球、1与死球、無失点。はじめて投げるところを観たんだけれど、まずコントロールが良いので大崩れしないピッチャー。さらにカーブがよくて、カウントを取るボールにもウイニングショットにもなるという使い勝手のよさ。

昨日の采配で言えば、5回を投げ切った時点でスパっと替えてもよかったのもかも。結局6回は1アウトも取れなかったんだし、翌日は月曜日で試合がないので、中継ぎをどんどん使えばいいのだし。

慣れると、もうちょっとイニングを食ってくれると嬉しいんだけれど。

ピンチの場面で登板した千賀(41)&森福(19)がよかった。

特に森福の投球は圧巻だった。アウトコースにボールを丁寧に集めて、満塁の場面からの連続三振。得点圏にランナーを置いたピンチで登板する火消し役としては日本最高レベル。

0094.jpg
攻撃ではホークス苦手のダックワース相手に初回、中村が先頭打者ホームラン。意外や意外、ヤフオクドームでは初のホームランだそうで。

3回には、内川(1)、柳田(44)、長谷川(24)の新クリーンナップが3連続タイムリー。続く松田(5)はいつものアウトコースに手を出してクルクル舞い。欲を言えば、松田も打ってくれていたら5点差になって、6回7回の満塁のシーンでも安心して観れたはず。

楽天のことを書くと、2塁手の藤田の守備がよかった。抜けたッ!と思った打球を何度捕られたことか。あの守備力は脅威。

9月2日は試合休みです


9月3日からは日本ハムファイターズと。また新垣を使うのか、どうか・・・

ホークスファンの猫(ΦωΦ)でした。

ランキング参加中です、1日1回クリックしてもらえると喜びます(ΦωΦ)⇒⇒⇒
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村


当ブログでは相互リンクを募集しています。詳しくはこちらを。
posted by 意識の高いホークスファンの猫 at 07:24| Comment(0) | 試合後感想戦2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

攝津様様

夏休みの宿題は、先行タイプでも追い込みタイプでもなく分散タイプだったホークスファンの猫です。

分散タイプと言っても、毎日コツコツという意味ではなく、友達数人で担当教科を決めて手分けしてやっていました。ちなみにぼくは数学担当で、友達の成績によって間違える箇所を変えていた知能犯でした(笑)。

あー、懐かしい。

8月31日vs楽天イーグルス戦の感想


0092.jpg
攝津と辛島の先発でスタートした試合。9-2で勝利、連敗阻止!

攝津(50)は、7回、110球、5被安打、1被本塁打、1与四球、2失点(2自責点)。本人は最低限の仕事と謙遜しているが、ファンとしては1週間に1度だけの休息日。安心して野球を観ていられる。

立ち上がりにいきなりホームランを打たれ、マギーの当たりでさらに追加点か、という場面で中継プレイが綺麗に決まりクロスプレイでアウトにできたのは大きかった。味方が大量得点を奪ってくれた直後の7回に失点してしまうのはよくないが、それでも最少失点の1点で抑えるあたりはさすが。

今季14勝目と先発転向後の3年連続で14勝以上とは、球界を代表するエースの証。先発転向した2011年は杉内、和田、ホールトンに続く4番手だったとは、驚きの先発陣だったんだなあといまさら感慨深い。

攻撃では、まずは3回。細川(27)が攝津愛を発揮してツーベースで同点に。

そして4回には2アウトから長谷川(24)の四球、松田(5)のスリーベースで逆転!松田が3塁まで走ったのはあきらかに暴走、そしてリプレイではどうもアウトっぽい(笑)けれど、2アウトということを考慮すれば、OKなプレイでしょう。

そして、攝津が0行進を続けてくれたおかげで、球数が多くなった辛島を捉えることができた打者一巡の6回。内川(1)の四球からはじまり、今宮(2)のスリーベースまで。今宮は右方向に打ってフェンス直撃とは、さすが。今季は最終的には.270くらいの打率を残してくれたら、うれしいことこの上ない。

8回森福、9回ファルケンボーグと昨年の勝利の方程式で、3人ずつでリリーフして勝利!

同点に追いついてからは、全体的に安心して観れた試合だった。

9月1日vs楽天イーグルス戦


予告先発はオセゲラ(14)vsダックワース。苦手ダックワースを打てるのか、初先発のオセゲラはどうなのか、いろいろと気になる試合。勝てば、上位チームとの6連戦を最低限の3勝3敗、負ければ2勝4敗と大きく変わってくる試合。必勝!

ホークスファンの猫(ΦωΦ)でした。

ランキング参加中です、1日1回クリックしてもらえると喜びます(ΦωΦ)⇒⇒⇒
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村


当ブログでは相互リンクを募集しています。詳しくはこちらを。
posted by 意識の高いホークスファンの猫 at 06:50| Comment(0) | 試合後感想戦2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。